読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画、ドラマでの英語勉強のススメ

こんちわ!


今日は映画やドラマでどうやって英語を勉強するかを紹介していきたいと思います



まずみなさん映画とか好きですか?


僕は昔から映画が好きで、TSUTAYA で借りてはずっと観るみたいな生活を送っていました。


そんなたくさんの面白い映画に出会い、内容を覚えてしまうほど観ました。


そうなった時に、字幕の日本語訳ではなくて、英語のニュアンスでわかるようになりたいと思いました。


しかし、日本語字幕で聞いていても結局文字を追ってしまい、あまり英語が入ってこない。


そこで、英語字幕で見ることを勧められました。


英語字幕でみるとどの単語をどのように発しているかなど、リスニングの基本となる力がとてもつきました。


しかし、英語字幕のものというのはなかなか無くて、探すのは大変でした


そんな時にオススメなのが海外版のDVDを購入することです!


海外版では英語字幕が基本入っており、リスニングの訓練にはもってこいだと思います。


Amazonなんかでも安く売ってるし、是非買ってみることをお勧めします。


いきなり英語字幕でみてもわからないものもあると思うので、まずは日本語字幕でしっかり内容がわかってから、英語字幕、最後は字幕なしで見ることをお勧めします!



映画好きなら恐らく苦にならないでしょうし、勉強は継続が大事です!


リスニングが苦手だなと思う人はできるだけ毎日英語にふれましょう!


See you

一年に一回

久しぶりに祖母の家に向かっている


この歳になるとっていうか少し前から親戚と話す内容なくて困る


まあたまにしか会わないんだしちゃんと話そうかな



てことで、京大の問題で、一年に一度夏休みに、祖父母の家に行く時っていう和訳問題がある


まず、ーに一度っていうのはonce 時間とかで表すことができるね


たとえばこの例文だとonce a year 一年に一度とか書ける


こうやって回数時間とかいてーにー回という表現があるのを覚えておこう


また、ーの家にいくっていう時は結構みんなgoを使いがちである。それも間違いではないのだが、この場合はvisitとかよく使うんだよね、

またgo visitとして使うことが多いんだ


こんな表現もあるってことを覚えておこう


See you

チャーリーズエンジェル

昨日チャーリーズエンジェル観ました!


久々にみたけどあの時代にあれとれるってすごいよねー


マトリックスもそうだけど、あの頃って弾丸の弾道をゆっくり見せるの好きよね


あとエンジニアはあんなにチャラいのいないっしょ笑


キャメロンディアスはエロすぎ


てことで少し英語を紹介しようかな


まずタイトルから

日本語だとチャーリーズエンジェルっていうけど、

英語だと

Charlie's Angelsって複数形なんだね まあチャーリーのために働く三人の女の子の話だしそりゃ複数形だわな


She is having trouble with her secret identity. 

彼女の秘密のことで今大変なのよってニュアンスかな


Have trouble withでーについて困る、大変だみたいな意味で頻出だね

Have trouble in ingって形でも使われるから注意しよう!


じゃこんなもんで!

See you

スラング

こんちは


最近はsuitsの見過ぎで寝不足気味です


Suitsでは結構いろいろスラングがでてくるんで昨日に続いて紹介していきます


You are such a dick


dickは普通は男性器のことを指すけど、ここではクソ野郎とかそんな意味で使われている


お前ホントクソ野郎だなとかそんなニュアンスですね


Don't be a pussy. 

弱気になんなよ


Pussyってのは女性器のことを指します。しかし、スラング的に使うと臆病な人とかそんな意味になるんだね


友達がなんかでビビってたらこれいってやろう



こんな感じで、英語のスラングって下ネタを使うことが多いね


日本のスラングではそこまで下ネタを使うことがないから多少違和感があるよね


きっと日本より性差別とかが多かったのかなとか思ったけど、 単純に下ネタが好きなだけか笑


じゃ今日はこんなもんで


See you


最近

いやー久しぶりになってしまった


昨日は佐藤二朗のトークショー聞いてきました。


いきなり靴下を観客に投げるとか謎な行動が多かったけど楽しかったー笑 


いろいろ話聞けたけど、やっぱああやって一線で活躍する人ってのはいろいろ経験とか積み重ねをしてるんだなと思ったわ


映画監督もそうだけど、結局自分の好きなもん、熱中できるもんをさがそうかなと思えた


最近はドラマのsuits をよく見てるんだけどめっちゃ面白いです。


マイクはちょっと気取ってる感あるけど、ハーヴィーの人いいね


今まで読んだもん全部覚えてるとか人生大変だろうなーって思うわ


忘れたいこととかは忘れてかないときついよねー


海外ドラマも見てるけど、日本のドラマでも下町ロケットはまじ面白いよね


会計のバトルのとことかはwowow版の方が良かったけど、他は文句なしだわ


戸次さんはサラリーマンに見えないからなのか違和感バリバリだったな


せめて黒髪にしてから出演しなさい


この後は医療の方にまで発展してくらしいし楽しみ


さてじゃあ今日はいくつか日常で使える英語を教えていこう


That sucks. 

そりゃ最悪だな


Suckはまじでよく使う。普通の意味は舐めるとかそんな意味で下の話でよくでるんだけど、

会話の中でよく使われるのは上の例文のような使われ方が多いかな  意味的にはクソだわとかそんなニュアンス


でもこれは動詞であることに注意しよう。 一緒に話してる人がとんでもない目にあった話とかをしてたらthat sucked っていってあげよう 


あとこれは自動詞的に使うこともできて、I suck at throwing. おれは投げるの下手なんだ って意味 

Be poor atとかの意味に近いね でもよりスラングっぽい英語かな


こんか感じで使えるから是非みんな使ってみてね 目上の人に使ったらやばいから絶対だめだよー


See you


文型による意味の捉え方

久しぶりです。


今日は文型による意味の違い、特に第4文型SVOOについて考えていこうと思います。



みなさん文型とかはわかりますか?


たとえばI'm happyの場合はSVCの第二文型ですね。


I love youの場合はSVOの第三文型など、英語の文章というのは5の種類に分類分けすることができます。


もちろん意味は動詞の意味によっても違うのですが、今日は第4文型について紹介していこうと思います。


先日、アメリカにいる友達と連絡を取っているときに、自分が家庭教師をしていることについて話していました。そのときに友達が言ってきたことで


you taught him all the proper English right?と言ってきました。


この文章はSがYou、Vがtaught、O がhim、 O がall the proper Englishとなる、SVOOの第4文型の文章です。意味はあなたは彼に全てのちゃんとした英語を教えてあげたんでしょ?って訳ですね。


このように第4文型というのは人→物というように目的語をとります。


他の例でいうと

I gave you a pen. 私はあなたにペンをあげました。

He bought me a car. 彼は私に車を買ってくれました。

などがあるでしょう。この



このように見たときにどの、例文もを与えるというニュアンスなのに気付きましたか?

そうです。第4文型というのは人に物を与えるっていうニュアンスを作る文型なんです。


例文でいうとtaught him all the proper English. 彼に英語を教え、与える→教えてあげた。

Bought me a car. 私に車を買って、与える→買ってくれた

などのような意味になります。


このようなものを覚えてなにが良いのでしょうか?それは自分が分からない動詞のが出てきたときに、意味を類推することができることです。

たとえ、動詞の意味がわからなくても、品詞を分解し、第4文型であることに気づいたら、与えるという意味で読み進めていくことができます。電子辞書などが使えない時はとても役に立つ方法ですね。



是非この文型による意味の類推を覚えてみてください。



イメージと現実

イメージと現実が違うということは往々に起こり得る。

例えば、清純派で私何も知りませんみたいなアナウンサーがどっかの男にコンドーム持った写真をリークされたり、

ビッグマウスって言われ続けてメディアに叩かれたりしてたけど、実はめちゃくちゃ真面目でいい奴だったり

内戦とかイスラム国とかですげえ危ないって言われてる地域の近くとかは意外と旅し易かったり


こんなことは日常茶飯事だ


そういうことはなぜ起こるのだろうか?
それは、何かを伝える文章だったり、メディアというのは他人によって作られているからだろう。

メッセージを伝えるということには必ずその伝える人の恣意が反映される。

その恣意的に作られたイメージと現実が違った時に人というのは驚いたり、感動したり、残念に思うのだ。

しかし、注意しなくてはならないのはそのギャップすらも計算で作られてい時だ。

女子はみんなギャップがいいなんてことをいうが、器用な男性ならこのイメージと現実のギャップを恣意的に作り出してしまうのだ

そしてそのギャップに惹かれてしまい実は全部嘘でしたっていって失敗してしまうのだ。

我々は一つの情報を得る時にしっかりと自分なりの考えと判断基準をもって、その情報に振り回されてはいけない。

私はできるだけ、物事を自分で考えようと努力している。

しかし、そんな私でも先日驚くことがあった。

私は先日沖縄に旅行に行ってきた。

沖縄と言えば、綺麗なビーチに穏やかな人たち。沖縄料理などが有名だ。

例を逃れず私もそれを求めて沖縄に行ってきた。

そんな中で私は車を運転することになった。あまり慣れない土地で運転したことのない私は正直びびっていた。

しかし、ここは沖縄。穏やかな人々の巣窟。たとえ少しミスしても大丈夫だろう。道路でもみんなゆっくり運転で簡単だろう。
なんてことを考えていた。

しかし、蓋を開けてみると自分が抱いていたイメージは完全に覆された。

狭い道をバイクが縦横無尽に走り続け、車たちは車線変更を続け、我先にと道を急ぐ。

なんだこれは。完全にあっけにとられてしまった。都内で運転したほうがまだ安全ではないか。沖縄の道路を舐め腐っていた自分に腹が立った。

確かに沖縄の現地の人たちは非常に穏やかでいい人ばかりだった。
しかし、こと運転になったらこち亀の本田ばりに豹変する人達がいるようだった。

まあ無事に事故もなく帰ってこれたのだが、二度と沖縄では運転したくないと思ってしまった。

皆さんも先入観で動くことなかれ

See you